ブログの中だけで開業!


by rie-mw

シンポジウム参加!

11月23日
国際インファントマッサージ協会日本支部主催のシンポジウムに行ってきました。

お話してくださった先生は
2名!

池川明先生と黒田末寿先生でした。

池川先生は胎内記憶のお話から・・・お腹の中にいる時からいや、その前から
育児が始まっているというメッセージをいただきました。
胎内記憶は…私はあると思います。

黒田末寿先生 は猿人類の研究をされている先生で
早期母子分離についてボノボ・チンパンジーなどのお話をしてくださり…
このインファントと通じるものはタッチということ…これは重要であるというメッセージをいただきました。


このシンポジウム話すと長くなりますが…・

インファントマッサージのよさをまた深く感じた日でした。



池川先生からのお話・・・・
胎内記憶からのお話で私が受け止めたもの・・・・・

妊娠中いやその前から・・・・
子供は自分で親を選びこの世界にやってきた。
胎内記憶がある・・・
これは、妊娠中夫婦の関係もかなり影響し、出産→育児・・・・と
大きな影響があるということ。

今の日本社会かなり荒れてきてしまっていますが
もし・・・いまから変えるならば3世代かかる・・・・

そこに大事なものやはり家族・・・触れること・・・・

本当に大切なのだと改めて感じました。

大切にしたいインファントマッサージ!そして、多くの人々に伝えなくてはと・・・・
感じた日でした。


黒田先生のお話は
猿の世界でも育児放棄をされた猿は育児ができない…・
人間が手を加えていかなくては死んでしまうそうです。

私がそのお話で考えたのが
セグロジャッカルの家族が頭をよぎったのでした。

セグロジャッカルは
親には絶対服従なのです。

子供が生まれそれぞれ独立していく中で
独立できない半人前がいる・・・
そのジャッカルはヘルパーとして両親の群れに残る。

そして、また子供が生まれると
ヘルパーは子供たちの世話をする。
餌を食べさせ、敵からも守る!すべてヘルパーの仕事!

そして、親の前でヘルパーは食事をすることが禁じられている。
ですから親が見つけた食料を自分が食べることはダメ!
親の残りまたは隠してある餌・・・
自分で獲物を見つけるしかない…・

しかし、そういった中で自分が独立できる方法を学ぶのではないかと思います…・

そんな
動物界の掟…・

人間はそれぞれ家族によって違うのでしょうが・・・・・

どれが正解でどれが間違えかなんてない・・・
家族の数だけルールがある・・・・

どの家族のルールがいいのかはわからないが・・・・
親が子を愛する・・・・
それは絶対条件になる。

猿の世界もそうである…・・


そんなメッセージをいただいた気がします。

そして
どちらの先生の話も
インファントマッサージの世界・・・・と
結びついているような気がした。


たくさん
子供に触れ
愛し…

子供が自然に親の愛情から
人を愛することを知っていく・・・・・

守りたい・・・
愛すること・・・・・


そう感じました。



そして、
子供たちをぎゅ~~~~って
心から抱きしめたくなった日でした!



帰ってから…・
わが子たちをいっぱいいっぱい抱きしめたくなった夜でした
[PR]
# by rie-mw | 2009-11-26 20:08 | インファントマッサージ

胎内記憶

みなさん。
またまた
ご無沙汰してしまってすみません(^^ゞ

胎内記憶ってみなさんどう思いますか?

私は長男が生まれてから
胎内記憶についてTVからの情報で

子供が穏やかで
母と子ども1対1の環境で・・・

胎内記憶を聞いてみると話してくれると確か10年くらい前に聞いた記憶があります。


そして、
その時期として
3歳前後という記憶がありました。


長男は確か3歳ころだったかな?
おしゃべりがそこそこ会話になるころ・・・・


お風呂から出て
二人で寝る前の遊びをしていた時でした。

とっても穏やかに遊んでいる息子に
「お腹の中でなにしてたの?」って聞いてみました。
すると
息子「でんぐり返ししたよ!」って教えてくれました。



でも、
これは本当かも!って思ったのは
長男は逆子の時期がありました。そして元に戻った!

だから・・・まんざら嘘でもない気がしました。





そして、次男・・・・


そろそろ
聞いてみようかな~~~~と
思っていた時期でした。

おしゃべりも会話になるようになってきたので・・・・


しかし、
次男は勝手に話し始めたのでした。


毎朝
長男の学校の見送りの帰りのことでした。
おんぶしながら
突然
「ママのお腹の中やだった!」って・・・・・

え????


すぐに主人に報告してみました(笑)



その後、「でも、遊んでた。泣いてたのえ~~~ん、え~~~んって!」と話しました。


それ以降は
何度聞いても「わかんない」のい連呼です(^^ゞ


そして・・・
何で嫌だったか
これもまんざら嘘ではないだろう!




私は次男を産む数時間前まで仕事をしていて
しかも、妊娠中普通の人と同じいやそれ以上に仕事をして
走り回っていました。

患者さんには「無理してはだめよ~~~って」指導していた立場でしたが
私は無理しないと毎日が送れない日々でした。
当直も分娩時の呼び出し
自分の出産さえ計画的に産まなくてはならないとそんな状況でしたので。


助産師として鏡でいなくてはいけないのに最悪の妊婦とおもいつつ…・
かっぽう着でお腹を隠して仕事をこなしていました。
だって・・・・ちょっと流産・早産兆候があればお仕事休んだら?という指導をしていましたので(^^ゞ
でも、私はとにかく働かねばならなかったのでした(涙)
そう、出産しても私が妊婦だったと知らなかった人もいるくらいでした。

ですから・・・・
次男の妊娠中は
「こんなに働いて、夜もぐっすり眠ることもなく
 いつも寝不足で…・
 走り回り・・・・疲れきっていました。
 きっと流産するだろう!もしくは早産・・・・」と考えていました。

また、私の妊娠中に中絶などたくさんの処置にかかわってきました。

スタッフの仲間は「かわいそうとか思うとその子の魂がお腹の子に入るみたいですよ!」なんて

でも・・・・
かわいそうって思っちゃいました(涙)

妊娠中は涙もろく、
自分の子供が・・・とダブってしまったり、
「私のお腹の子供を守って!だから魂が入ってもいいわ!」と思いながら介助したこともありました。



そして、
なにより
次男のことを考える余裕さえなかった。
そんなことが悲しくて涙したこともありました。



だから・・・

次男が言ったことってあたってる!

私が次男がお腹にいるときにゆっくりと会話したりできなかった。
だからいやだったのではないか?
泣いてたのではないか。
しかたなく、一人で遊んでた…・そう受け取りました。




でも・・・・
もしかしたら・・・・
私の気持ちを代弁してる?
そう思ったり…・

私が妊娠中確かに「も~~~、やだ~~~!っていいながら涙したこともあり。」


葉祥明さんの絵本
長男が生まれてから買った本でしたが・・・
いつかまた二人目とかできたら読んでみたいな~~~~って思いながら購入した絵本。

もちろん
次男のお腹にいた時読む余裕さえ、その存在さえ忘れていましたが…・


インファントマッサージ教室をするようになり
葉さんの絵本がインファントの伝えたいことをすべて絵本で訴えてくれている気がして読んでいました。


久しぶりに手にした絵本
「おなかのあかちゃんとおはなししよう」の絵本

『ママがよろこべば、いっしょによろこび
 ママがかなしめば、いっしょにかなしむ。
 ママがこわがったら、こわくかんじ
 ママがしんぱいしたら、ボクもしんぱいになる。
 ママがかんじたようにかんじ、
 ママがおもったこともそのまんま
 ボクにつたわるんだよ』


の詩に・・・・・・


きっと
次男は私の気持ちを代弁してくれたのかもしれないと思いました。




さて・・・・
なぜ・・・
この胎内記憶・・・・

次男が勝手に話し始めて2週間ぐらいたったころ

たまたまこんなホームページを見つけたのでした。
http://umareru.jp/


そして・・・
このホームページにも出てきますが
池川先生・・・彼は胎内記憶の研究をされたくさんの著書も・・・・

その池川先生が
今月
私の所属する国際インファントマッサージ協会のシンポジュームにいらっしゃる…・


そんなことから
このホームページに興味がわき…

自分の経験から・・・


人の経験も気になるし…・
うまれるのドキュメンタリー映画興味があるって思うようになったのでした。



そして、
私の経験を書き込んでみました。

すると、お話に来て!ってお誘いがあり…・
次男がお腹の中にいた時は次男のことを全くといっていいほど考えてあげられなかったから
うまれてから・・・お腹の中を振り返ること…・
それなら今もできるのではないかと思いつつ
行ってみたのです。


次男は
「わかんない!」の連呼で
スタッフの方をこまらせ・・・
しかも、私もたいしたお話ができなかったけれど・・・


私にとって
次男のことだけを
考え、振り返る・・・・・
それができたきっかけになったのではないかと思いました。



だから・・・・
「うまれる」のスタッフの皆様には心から感謝していいます。
本当にありがとうございました。
次男だけのことを考える時間ができました。
お腹の中のことを振り返る…・


次男が言った「いやだった!」
これをしっかり考え、どう受け止めるか
そして、次男にとってお腹の中ではママは忙しかったけれど
これからを次男へお腹の中にいたときのできなかったことを
外の世界で償おう!
次男は生まれてきたことを素晴らしいことと
思えるように成長していってもらえたらいいな~~~~
と思いました。









そうそう、次男は2歳ころ
「ヒーヒーフー」ってなぜか言ったことがあり・・・
これは主人と長男とで受けました(笑)
これぞ胎内記憶では!と思いますよね~~~~。


みなさんのお子様も
胎内記憶!話すかも!?


おためしあれ!




過去にこんな記事を書いていました
http://rie0303.exblog.jp/1404467/

この記事だけでなく…
次男が生後保育園に行くようになり同じクラスに私の取り上げたお子さんが・・・・
私をじっと見ていました。
ず~~~~と、
まるで・・・「どこかでみたことあるかお?」って考えてるように~~~~。(笑)


http://rie0303.exblog.jp/3418404/



素敵な映画ができることを心よりお祈り申し上げます!
[PR]
# by rie-mw | 2009-11-19 17:31 | 胎内記憶

インフルエンザ予防!?

ご無沙汰しております。

本当にこちらはご無沙汰して申し訳ございません。


ちょっとしたプロジェクトを検討中で
そろそろこちらもかけるかな?なんて思っていて・・・半年以上放置していたのに
皆様まだ遊びに来て下さる方がいたので・・・嬉しく思います。

と同時に、
放置していてすみませんでした。



さて、
昨日
我が息子長男の野球部で
コーチが・・・
「インフルエンザ予防にきのこ!特にマイタケがいいんだってよ!」っておっしゃったのでした。


周りの方が
私になんでマイタケがいいの?って聞いてきたのですが
ごめんなさい(^^ゞ

私もわからなかった(^^ゞ

マイタケDフラクションという成分がインフルエンザウイルスの増殖を抑制するらしいです。

詳しくはこちら!


そのほか
ヨーグルト
めかぶ、わかめもいいようですよ!



あとは・・・

アロマでも・・・
ティーツリーを
ミネラルウォーターに数滴入れ
空気中に散布してみても風邪などにいいですよ~~~♪
[PR]
# by rie-mw | 2009-09-28 14:04 | 食育
「命どぅ宝(ぬちどぅたから)…沖縄の言葉さぁ。
  何よりも人の命が一番大切ということさぁ。
  おばぁは思うさぁ。
  子供が命を落とすことほど、この世の中で哀しいことはないさぁ。
  でもねぇ、和也君みたいな子は、たぶん神様に選ばれたんだねぇ。
  この世界に生きている人に、命どぅ宝…命が一番大切ということを、
  忘れさせないようにするためにさぁ…。おばぁはそう思っているさぁ」



さあ・・・

そろそろ最終章にしましょう。

More
[PR]
# by rie-mw | 2008-12-13 10:23 |
「命どぅ宝(ぬちどぅたから)…沖縄の言葉さぁ。
  何よりも人の命が一番大切ということさぁ。
  おばぁは思うさぁ。
  子供が命を落とすことほど、この世の中で哀しいことはないさぁ。
  でもねぇ、和也君みたいな子は、たぶん神様に選ばれたんだねぇ。
  この世界に生きている人に、命どぅ宝…命が一番大切ということを、
  忘れさせないようにするためにさぁ…。おばぁはそう思っているさぁ」


第1は卵子までたどり着くみんな1番から始まる奇跡
第2は受精の軌跡
第3は流産せず残った奇跡
第4はたった280日弱の進化の軌跡
第5はおなかの中で生きる奇跡

さて、
第6は・・・・

生まれる奇跡!

More
[PR]
# by rie-mw | 2008-11-18 22:56 |